車椅子のお相手との婚活デート

車椅子のお相手との婚活デート

婚プラを運営している「結婚相談NPO」では車椅子の方も婚活をされていて、ご成婚もそれなりにされています。
ただし、本コラム執筆時点では車椅子ユーザー同士の成婚は無く、理由は色々とあるかと思いますが、ここでは一方が車椅子というケースを想定しています。
車椅子当事者の方はデートの方法については心得ていらっしゃいますので、今回は車椅子のお相手と交際になった際、どうすれば良いのか?について、車椅子ユーザーで無い方に向けたお話しです。

婚活の現場ではおそらく「車椅子」というだけで対象者から除外されている方も居ると感じますので、このコラムをご覧頂いて、少しでも「車椅子の人とも交際できそうだな‥」と感じていただければ嬉しいです。

車椅子ユーザーの生活に触れよう

まず、車椅子の方の生活について、そもそも皆さん、ご存じでは無いのではないでしょうか?
私も実際にお会いしてお話しをし、車椅子を押したりしても、自宅での生活など、どうもイメージが湧かない部分がありましたが、最近は車椅子YouTuberの方が増えてきたので、とても助かります。

私がお勧めの車椅子YouTuberさんの動画をご紹介しますので、是非、ご覧になってください。
一気にイメージが湧くと思います。

YouTube video

 

生活圏が一気に広がるからでしょうか?マイカーをお持ちの方も結構いらっしゃいます。

YouTube video

婚プラでデートスポットを探す

車椅子の方とのデートで全く準備をしないというのは、無茶だと思います。
一方で、そこまで気を張る必要も無いと感じますので、とりあえずデートスポットの探し方をご説明します。

婚プラではデートスポットのバリアフリー情報をネットレベルではありますがチェックしています。
絞り込み検索機能で抽出ができますので、まずはエリアとお相手の趣味ジャンルでデートスポットを検索してください。

すると、以下のような絞り込みメニューが出ますので「バリアフリー」にチェックを入れて[検索する]ボタンを再度押せば一覧表示されます。

バリアフリー

ここで幾つか注意点がございまして、まずバリアフリーが疑わしいスポットにはバリアフリー設定をしていません。(前述の松山城にはバリアフリー設定を現在もしていません。)

また、デートスポットそのものでは無く、中途の移動手段もバリアフリーのチェックが必要だという事を忘れないでください。

次に、割と多くの施設で「一般駐車場はないが、身障者専用駐車場はある」というケースがありますので、駐車場無しの施設でも、車移動の際には付近の駐車場を探す前に問い合わせをしてみると良いかもしれません。

以前、車椅子の方のお見合い場所を決める際に、バリアフリーだった施設が工事により一時的にバリアフリーでは無くなっていた事もありましたので、最終的には直接電話で問い合わせる事が重要です。この事前確認は面倒に感じられるかもしれませんが、車椅子ユーザーの方は当たり前のようにやっている事だと聞いています。

車椅子デート

段差、移動手段、そしてトイレ

段差と移動手段の他に、もう1つチェックしなくてはならない点があります。
そう、トイレです。
なんでも、車椅子の方がデートで一番気にするのがこのトイレなのだとか‥

公的施設や比較的新しい商業施設にはほぼバリアフリートイレがありますが、寺社仏閣などの歴史ある施設や、飲食店などはまだまだ配備が足りていません。
ちょうど車椅子ユーザーのトイレの悩みについて分かりやすく解説してくださるYouTuberの方がいらっしゃいましたのでご覧ください。

YouTube video

 

動画をご覧になると、なんとなく配慮すべき点がお分かりいただけたのではないでしょうか?

とりあえず企画側としては、バリアフリートイレが無い施設に長時間留まる事だけは避けるようにしましょう。

車椅子当事者が語る車椅子デートの注意点

視点が逆になりますが、車椅子ユーザーの方に車椅子でデートをする際の心構えをお聞きしました。

  • 車椅子だと移動時間が長めにかかるので、お相手の迷惑にならないよう余裕を見て行動します。
  • 介助者一名を含めた交通費などを事前にチェックします。(介助者にあたるお相手にも割引が適用になる事が多い為)
  • 下調べせずに郊外に行くと無人駅もあるので、必ず事前に終着駅もチェックします。
  • バリアフリー施設でも実際には全て回れない事もあるので、「行ける範囲で楽しめばいい」と考えるようにしています。

という事でした。
繰り返しになりますが、ようするに下調べが重要という事でしょう。
ネットの情報はやはり更新されていない事が多いので、事前チェックはやはり電話に限るようです。

もちろん、必ずしも下調べをお相手側がしなくてはならない訳ではありませんが、買って出れば、印象が上向くのは間違いありません。

オンラインデートも取り入れよう

車椅子デート

外出デートは結婚生活を想定する為にも欠かせないものだと思いますが、デートの回数が少ないと悪影響が出やすいというのも婚活の特徴です。
無理に時間のかかる外出デートにこだわらず、隙間時間にオンラインデートを組み合わせる事で、成婚の確率がぐっと上がる印象を活動者の皆さんから受けています。

Zoomに限らず、Facetime、LINE、Google Meet、Skype、Alexaなど、今はビデオ通話が本当に身近になりました。たまにオンラインデートを嫌う方も居ますが、車椅子の方とご交際される際は、是非、活用を考えてみてください。

以下のリンク先はZoomを利用したお見合いの解説ですが、オンラインデートについても参考になると思います。

ZOOMを利用したお見合い方法