SL大樹

鬼怒川線で初の「SL大樹重連運転」を実施!

東武鉄道が 2021年10月1日(金)に東武鬼怒川線 下今市~鬼怒川温泉駅間において、復活運転後の鬼怒川線で初となる「SL大樹重連運転」を実施します。

この重連運転は、JR北海道で活躍していたSL(C11 207号機)を先頭に、真岡鐵道で運転していたSL(C11 325号機)を連結し運転するものです。 重連運転は、急こう配区間等において牽引力を増すためにSLを2両連結し運転するものですが、現在では貴重なSLならではの力強さと、かつての昭和レトロの光景を楽しむため、イベント運転として実施。東武トップツアーズの旅行商品「SL大樹重連 乗り鉄&撮り鉄満喫ツアー」に参加することで乗車が可能となります。

SL大樹重連運転 記念乗車券

また、今回の「SL大樹重連運転」を記念して「SL大樹重連運転 記念乗車券」が発売されます。この記念乗車券は3枚の硬券が1セットになっているほか、台紙からSL大樹を引き出して2両連結できる仕様で、お手元でも重連運転を再現してお楽しみいただけます。

■片道乗車券(硬券仕様)3枚1セット
一般式大人片道乗車券 東武日光から370円区間
地図式大人片道乗車券 鬼怒川公園から370円区間
金額式大人片道乗車券 東武ワールドスクウェアから260円区間

SL大樹

SL大樹重連運転 記念乗車券

 

「SL大樹重連運転 記念乗車券」は2021年10月1日(金)~2021年10月31日(日)の期間、1セット 1,000円(税込)合計3,000セット、以下の駅にて購入可能です。※お一人様5セットまで

■発売駅
浅草駅、とうきょうスカイツリー駅、曳舟駅、亀戸駅、北千住駅、西新井駅、竹ノ塚駅、草加駅、新越谷駅、 北越谷駅、春日部駅、北春日部駅、東武動物公園駅、久喜駅、羽生駅、館林駅、足利市駅、太田駅、伊勢崎駅、 新桐生駅、佐野駅、南栗橋駅、栗橋駅、栃木駅、新栃木駅、新鹿沼駅、下今市駅、東武日光駅、鬼怒川温泉駅、 東武宇都宮駅、大宮駅、岩槻駅、七光台駅、野田市駅、流山おおたかの森駅、柏駅、新鎌ケ谷駅、船橋駅、 池袋駅、下板橋駅、大山駅、上板橋駅、成増駅、和光市駅、朝霞台駅、志木駅、ふじみ野駅、川越駅、川越市駅、 若葉駅、坂戸駅、東松山駅、森林公園駅、小川町駅、武州長瀬駅 (合計55駅)

さらに、9月17日(金)から9月30日(木)まで、東武日光駅と鬼怒川温泉駅のツーリストセンターでは「SL大樹重連入換クイズ」を実施し、正解者の中から抽選で5名様に東武鉄道オリジナルグッズをプレゼント。

ツアーは道の駅日光「日光街道ニコニコ本陣」500円分お買い物券付!もし、電車の趣味が合うようでしたら、検討の価値ありです!

画像出典:公式プレスリリース

※営業時間等、変更の可能性がございますので、ご利用前には必ず公式サイトやSNSにて最新情報をご確認ください。

会場 東武鬼怒川線 下今市~鬼怒川温泉駅間
開催日 2021年10月1日(金)
予約 要予約
HP 公式ホームページ
その他