オズの国のストロベリーハント

京成バラ園にいちご狩り施設がオープン「オズの国のストロベリーハント」

普段は入ることのできない京成バラ園バックヤードの特別温室に2021年12月24日、いちご狩り施設が開園。オズの魔法使いをモチーフにした「オズの国のストロベリーハント」が開催されます。

高さ2m近い巨大な操り人形がゲストに話しかけてくるスチームパンク演出

オズの国のストロベリーハント

「オズの魔法使い」にインスピレーションを受けた新ストーリーに触れながら、いちご狩りを楽しめる本企画。ゲストは世界中の美味しい苺を探し求めるストロベリーハンター役に扮したガーデナーに連れられ、普段は入ることの出来ないバラ園のバックヤードエリアに案内されます。
バックヤードにある「オズの温室」には、ガーデナーが大事に育てたとびきり美味しい「オズのストロベリー」があるとされています。バックヤードを進むゲストが立ち寄る初公開の温室には、高さ2m近くもある巨大な操り人形が登場し、ゲストに秘密の苺について語りかけます。
物語原作に登場するオズの魔法使いが操る、巨大な仮面をイメージしたスチームパンク調のレトロな操り人形とストロベリーハンターの掛け合いは、一般的な「いちご狩り体験」では味わうことの出来ない、記憶に残るいちご狩りとなること間違いなしです。

受粉方法を見直し、サステナブルなハウス運営に挑戦

多くの苺ハウスでは授粉用ミツバチを使用していますが、その中でも特定外来生物のセイヨウオオマルハナバチはシーズン終了後、ハウス外に放つことが出来ず、殺処分をするケースもある中、京成バラ園では自然界の特性を考慮しながら自然に負荷をかけないサステナブルな授粉方法を採用します。
医療用にも使用されている授粉用のビーフライ(ヒロズキンバエ)は10日~2週間の生存期間中、蜜しか口にせず、その一生を寿命が続く限り、授粉作業に勤しみます。また、温室の中で生活する為、清潔な授粉方法として注目されています。

画像出典:公式プレスリリース ※写真はイメージです

※営業時間等、変更の可能性がございますので、ご利用前には必ず公式サイトやSNSにて最新情報をご確認ください。

会場 京成バラ園
開催期間 第一弾 2021年12月24日(金)~2022年1月27日(木) ※雨天決行
第二弾 2022年1月29日(土)~2022年3月31日(木)
開催日 12月24日(金)・25日(土)・26日(日)・28日(火)
1月3日(月) 毎週 火曜・木曜・土曜・日曜 ※1月4日(火)は休業
2月 毎週 土曜・日曜
3月 毎週 火曜・木曜・土曜・日曜
開催時間 第1クルー 10:00~11:30(受付10時・開始10時20分)
第2クルー 11:00~12:30(受付11時・開始11時20分)
第3クルー 12:00~13:30(受付12時・開始12時20分)
アクセス ●東葉高速鉄道 八千代緑が丘駅 徒歩 約15分 もしくは 東洋バス八千代医療センター行・八千代中央駅行「京成バラ園」下車(バス所要時間約5分)
●京成線 八千代台駅西口下車 東洋バス1番のり場八千代緑が丘駅経由八千代医療センター行・八千代中央駅行「京成バラ園」下車(バス所要時間約30分)
予約 事前予約制。空きがある場合は当日受付可
問合せ先 TEL:047-459-0111(京成バラ園ガーデンセンター内 ストロベリーカウンター)
HP 公式ホームページ
その他 ※事前相談で車いす利用可能