2022年 野球殿堂入り

東京)2022年 野球殿堂入り発表!

2022年1月14日、東京ドームの野球殿堂博物館にて「2022年 野球殿堂入り通知式」が開催。髙津臣吾氏、山本昌氏、松前重義氏の野球殿堂入りが発表されました。
プレーヤー表彰は当選必要数 271票(有効投票の75%)に対して、髙津臣吾氏が311票・86.1%、山本昌氏が307票・85.0%の得票。特別表彰が当選必要数 9票(有効投票の75%)に対して、松前重義氏が9票・81.8%の得票でした。

2022年野球殿堂入り表彰式の日程は、後日発表。野球好きのデートにご活用ください。

髙津 臣吾氏

広島工、亜細亜大を経て1990年ドラフト3位でヤクルトに入団。3年目の93年から抑えに定着すると、以降、ヤクルトの守護神として最優秀救援投手を4回獲得し、93、95、97、2001年の日本一に貢献。03年には、当時の通算最多セーブ記録を更新した。04年にホワイトソックスに入団すると、同年19セーブを挙げる活躍を見せた。06年、ヤクルトに復帰し、日米通算300セーブを達成。以後、韓国、台湾、独立リーグなどでもプレーした。引退後は、ヤクルトのコーチ、2軍監督を歴任、20年より監督を務め、21年にはチームを20年ぶりの日本一へ導いた。

山本昌 氏

ドラゴンズ一筋32年の左腕。1983年ドラフト5位で入団。88年、米国フロリダ州ベロビーチへの野球留学で習得したスクリューボールを武器に初勝利をあげる。93年には17勝を挙げ最多勝利、最優秀防御率、最高勝率のタイトルを獲得。翌年も最多勝利のタイトルを獲得し、沢村賞を受賞した。97年には初の開幕投手を務め、18勝で最多勝利、159奪三振で最多奪三振のタイトルを獲得。2006年には史上最年長(41歳1か月)でノーヒットノーランを達成、11勝を挙げリーグ優勝に貢献した。08年には通算200勝、14年には史上最年長(49歳0か月)勝利を達成。15年、引退表明後の最終登板で、史上初めて50代(50歳1か月)での登板を記録した。

松前 重義 氏

1942年に学園創立、46年に旧制東海大学、50年に新制東海大学を開校。52年より理事長、学長、総長など要職を歴任。51年武蔵野グリーンパーク(東京スタディアム)を開設した。64年東海大学をはじめとする7大学で首都大学野球連盟を設立し、初代会長に就任した。ソ連(現ロシア)など社会主義諸国との民間外交にも積極的に取り組み、モスクワ大学にソ連初の野球場となる松前記念スタジアムを寄贈するなど、野球の国際化に尽力した。日本高等学校野球連盟最高顧問や、全日本大学野球連盟副会長、日本学生野球協会副会長など要職を歴任した。

野球殿堂博物館展示情報

企画展「野球報道写真展2021」
会期 3月6日(日)まで
会場 野球殿堂博物館 企画展示室
https://baseball-museum.or.jp/exhibitions/photo2021/

「2021年引退選手特集展示」
会期 2月23日(水・祝)まで
会場 野球殿堂博物館 イベントホール
https://baseball-museum.or.jp/exhibitions/2021-retire/

画像出典:公式プレスリリース

※営業時間等、変更の可能性がございますので、ご利用前には必ず公式サイトやSNSにて最新情報をご確認ください。

イベント名 2022年 野球殿堂入り発表
会場 野球殿堂博物館
開催日 2022年1月14日
アクセス JR中央線・総武線 水道橋駅西口 徒歩5分
HP 公式ホームページ
その他