光と音の淡路島西海岸

淡路島が幻想的な輝きに包まれる期間限定ナイトイベント『光と音の淡路島西海岸』

パソナグループが淡路島で運営する観光施設にて、デジタルアートやイルミネーション、音楽家による生演奏が饗宴する期間限定ナイトイベント『光と音の淡路島西海岸』を、12月18日(土)から2022年3月31日(木)まで開催。

「のじまスコーラ」「ミエレ」「オーシャンテラス」「青海波」の各施設では『光と音の淡路島西海岸』のメインコンテンツとして、プロジェクションマッピングの創始者 長谷川章氏によるデジタルアート『「目をあけて夢を観る」淡路島デジタル掛軸2021-2022』も実施します。

光と音の淡路島西海岸

光と音の淡路島西海岸

『光と音の淡路島西海岸』内容

① メインコンテンツ『「目をあけて夢を観る」~淡路島デジタル掛軸2021-2022~』
世界的なデジタルアーティスト長谷川章氏が手掛け、時間の経過と共に色彩が変化する幾何学模様をレストランに投影し演出する

②「イルミネーション・プロダクションマッピング」
冬の煌びやかな光が灯るイルミネーションやプロダクションマッピングを実施

③「光と音のスタンプラリー」
対象の会場全てのスタンプを集めると下記が当たる抽選会を実施
・「ニジゲンノモリ 『ナイトウォーク火の鳥』」50%OFF券全員
・「オーベルジュ フレンチの森」ペアご宿泊券10名様

④「音楽家による生演奏」
各施設のレストランで音楽家による冬の名曲やリクエスト曲を生演奏

デジタルアーティスト 長谷川章氏コメント

光と音の淡路島西海岸

「淡路島を世界に繋げていく」という南部代表の想いに胸が踊り、「淡路島全部を光らせましょう!」開口一番叫びました。そして今回、「のじまスコーラ」「オーシャンテラス」など4ヶ所に、デジタル掛軸と最新技術である「ミステリーサークルD-K」を投影することになりました。アートは大抵作品が主役になりますが、デジタル掛軸は見る人一人ひとりが主役です。そこに何を見て、何を感じるのか。このような時代だからこそ、デジタル掛軸との出会いはより鮮烈なものとなるはずです。

画像出典:公式プレスリリース

※営業時間等、変更の可能性がございますので、ご利用前には必ず公式サイトやSNSにて最新情報をご確認ください。

イベント名 光と音の淡路島西海岸
会場 ニジゲンノモリ、HELLO KITTY SMILE、青海波、淡路シェフガーデン、オーベルジュ フレンチの森、のじまスコーラ、ミエレ、オーシャンテラス
開催日 2021年12月18日(土)~2022年3月31日(木)
開催時間 ※デジタルアート・イルミネーションは 日没~21:00を想定。天候等に応じて変更あり
HP 公式ホームページ
その他