もう1つの名茶碗

「愛知県陶磁美術館」でリアル謎解きゲーム

愛知県陶磁美術館で美術館内を巡りながら暗号を解き明かす、リアル謎解きゲーム~もう1つの名茶碗~が開催されます。

リアル謎解きゲーム ~もう1つの名茶碗~ ストーリー

織田信長の弟である有楽斎が所有していたと言われる「大井戸茶碗 有楽井戸」。
それは数多の茶人が憧れた、まさに“名茶碗”である。
戦国の世から、この「有楽井戸」を守るためにも、本物は大切に保管し、
有楽斎は茶人としての ある強い想いを込めて、「有楽井戸」の影武者茶碗を作らせたという噂話があるらしい…。

時は流れ、影武者茶碗のありかに関する手がかりがここ愛知県陶磁美術館で見つかった。

様々な謎や暗号を解き明かして影武者茶碗を見つけ、有楽斎が込めた想いを突き止めよ!

画像出典:公式プレスリリース

※営業時間等、変更の可能性がございますので、ご利用前には必ず公式サイトやSNSにて最新情報をご確認ください。

会場 愛知県陶磁美術館
開催日 2021年10月10日~12月10日の期間(土日祝のみ開催)
開催時間 9:30~15:00(16:30閉館) ※各日先着100名
アクセス リニモ「陶磁資料館南」駅下車、徒歩600m
予約 予約不要
問合せ先 TEL:0561-84-7474
HP 公式ホームページ
その他 参加費:無料 ※ただし、当日の観覧券が必要となります。