12月の婚活デート企画法

12月の婚活デート企画法

結婚相談NPOの影山です。
皆さん、いよいよ勝負の12月ですが婚活の調子はいかがでしょうか?
良い11月を過ごす事はできましたか?

12月の婚活デートは勝負であると同時に切り替えの必要なタイミングです。
たまに、まだ交際開始直後なのに「年内に間に合わせる!」と12月成婚を目指す方がいますが、お勧めしません。
お相手も年内成婚を焦っているケースがあり、成婚可能性が低いとは言いませんが、成婚退会後破談が多いのもこのケースです。
少なくとも11月前半から関係を深めていった方でないと、年始の勝負に切り替えた方が良いと思います。
昨今、帰省される方も減ってきているのかもしれませんが、年末年始の帰省時は色々と考えるのに良いタイミングです。

初詣など、年明けのデートが約束できれば、ぐっと成婚に近づくと言えるでしょう。
切り替えも大切という事、頭の片隅に残しておいてください。

さて、12月の婚活デートについて‥
マメに婚プラをご覧いただいている方はいきなり話題が偏ってきた事にお気づきでしょう。(偏らないように記事は選んでいるのですが‥😅)

それは「イルミネーション」「スキー場」です。

イルミネーションが嫌いな方は少ないので、デートに組み込みやすいと思います。
有難い事に、食事をしてイルミネーションを通り過ぎるだけでも、十分楽しめるのではないでしょうか?

ここで目を留めていただきたいのは「スキー場」の方です。

突然ですが、皆さんはスキーにどのようなイメージをお持ちですか?
私は正直「面白いけれども、金がかかる」でした。大学生位までは皆でガソリン代を割り勘にする貧乏スキーも楽しんでいましたが、家族全員の分を考えると余裕で10万超コースなので、足が遠のいていました。
いかがでしょうか?スキーに対して、私と同様、ハードルが高いといった印象をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?

ところが、婚活者さんとお話しをしていると、頻繁にウィンタースポーツを楽しんでいる方が多いのです。
私は婚活女性から日帰りでスノボに行く話しなどを聞くと、その度に「若い‥」と感心していたのですが、どうやらそうでは無くて私が若くないようなのです。

実際の婚活者のデータを調べてみると、約1/20が趣味にスキーもしくはスノーボードを挙げています。
私のように学生時代は行っていたという程度の方達は趣味欄には書かないと思うので、潜在スキーヤー、スノーボーダーを足すとかなりの割合だと思いませんか?
これは婚活に活用すべきといえるでしょう。

実際に調べてみると、都心から2時間で到着するゲレンデもありますし、なんでしたら室内コースだってあります。
例えば草津温泉スキー場はバスタ新宿から直行便が出ていて、日帰りも可能です。

そして、そこまで費用もかからないというのが現実でした。
婚活デートなので、ここでは泊まり旅行は推奨できないのですが、私のようにハードルが高いイメージを持っている方は、日帰りスキーはありなのだと考えなおしてみてはいかがでしょうか?

それでもスキーはちょっと‥という方にはスケートをご提案します。
室内スケート場はオールシーズンですが、横浜赤レンガ倉庫を筆頭に、最近は屋外に期間限定の特設リンクを設けるところも増えてきましたので、ちょっとしたデートのアクセントに利用してみても良いと思います。

寒い日が続きますが、来年に向けても肝心な月なのは間違いないので、頑張りましょう!